ナップナップでおんぶする方法とは?

ナップナップを使っておんぶをする方法

ナップナップの抱っこ紐は「だっこ」と「おんぶ」が出来ます。

 

赤ちゃんの首が座ってきたころからおんぶが出来ますので主人にチャレンジしてもらいました。

 

おんぶの仕方ですが、途中までは抱っこの時と同じように進めていきます。

 

Step0.まず腰と肩のベルトのサイズをある程度合わせておきましょう

 

赤ちゃんをおんぶする段階になって慌ててサイズを合わせると大変なので。

 

 

Step1 抱っこ紐を開いて台の上に起きます

腰ぐらいの高さの台だと楽にできます。ショッピングモールにあるベビールームの台ぐらいが丁度いいんですけどね。

 

 

Step2 赤ちゃんを抱っこ紐の上に乗せて、落下防止カバーをかぶせ、両脇のベルトを留める

(赤ちゃんが暴れるのでブレちゃってますが・・)

 

Step3 落下防止カバーの横を通るベルトとバックルを留める

ここまでは抱っこと同じ手順です。

 

 

一通りベルトをすると正面から見るとこんな感じになりますね。落下防止は4箇所留まっています。
赤ちゃんの脚は腰ベルトの外側に出るようにします。じゃないと脚をベルトと自分の背中で挟んじゃうので。

 

 

Step4 腰ベルトを装着します

ギュッときつく絞ると腰・肩の負担が少なくなるのでよいと思います。赤ちゃんの脚は外側ね。

 

Step5 肩ベルトを装着します

赤ちゃんが横ズレして落ちないか確認しながら肩ベルトに両肩を通していきます

 

そのまま背負う感じになります。

 

Step6 胸のバックルをとめます

両肩を通したら、胸バックルをカチッと留めます。このベルトをきつくしめると肩への負担が少なくなりますよ。

 

 

実際にナップナップをおんぶで装着すると

 

後ろからの全体像です

 

赤ちゃんはゴキゲンです

 

真後ろを接近するとこんな感じ。首カックン防止カバーを付けてないとタラーンてなってます。

 

しばらく歩けば寝ちゃいますね。今はつけていませんが付属の首カックン防止カバーを付けたほうが良いと思います。

 

着けるとこのような感じになります。