産後クライシスに、辛い時程笑顔で楽しく乗り切ろう!

今思えば、私自信、産後クライシスというものだったと思います。

このような状況になるママも多いといいます。

全く育児に関わらない主人に敵意を抱き、子どもに近づく事すら嫌になったりしていませんか?
両親ですら、抱っこされると子どもを奪われたかのように気持ちが苦しくなる事はありませんか?

周りの協力をすんなり受け入れられるようになれば心が軽く気持ちに余裕が生まれるようになりますよ。

外に出られるようになってなるべく外に出るように心掛けるのはおすすめです。

それからは兎に角何でも楽しく!というのを目標にして生活して見ると良いでしょう。

例えば、後追いが始まった頃最初は家事が出来なくて辛いと思いますがすぐにそれも思わなくなるはずです。何故かというといつでも鬼ごっこ気分というか遊びながら家事をしている感じでその日全てが終わらなくてもいいや!と思うことなんです。

離乳食始まってからは何より食べる事が楽しいと思ってもらえる事に専念しましょう。立ち歩いて遊び始めたって気にしません。育児書などにはそれは注意する事と書いてありますが私はそれを気にしませんでした。

例えばです。

もし大人の私たちが食事中怒られてばかりの食卓だったらどうでしょうか?毎日の食事が苦になりませんか?

私はそれが嫌だったので怒る事をしませんでした。今もたまに食事をせず遊びに夢中になってしまう時もありますが基本は食べきるまで座って食べます。

周りを見て育つ子どもは怒らなくともみんなが座って食事しているのを見れば自然とそうなると思います。

食べない時はスプーンにご飯を乗せジェットコースターの様に動かして口の近くに寄せると自然と口を開き食べました。嫌いな物がなくなる様に美味しそうに食べる真似をするのもオススメ。

歯磨きもいつも遊び半分でやってしまいます。座ってやる事を条件に一人で磨かせてみたりもします。

お風呂はおもちゃで溢れかえってます。お風呂も楽しい場所という印象をつけると良い結果になるでしょう。

育児が始まり何年も経った時に振りかえると楽しい事ばかりになりますよ。