始めましてこのサイトの管理人です。

いつまでも何歳でも抱っこするよの気持ちで子育てしてきたら、上の子が中学生になりいまだに抱っこを求めてきます(^o^)

新たに赤ちゃんが産まれて来てくれまして、それをきっかけにブログを立ち上げました。

このページでは日々の気づきや、新米ママのためのお役立ちなどを投稿していきます。

エルゴの抱っこ紐は種類が豊富でわかんない!調べてみた

今や知らないママはいないのではないかといっても言い過ぎではないのが「エルゴ」ですね。抱っこ紐の定番中の定番となりつつあり、正式名称は「エルゴベビーキャリア」と言います。街を歩けばあちらこちらで見られるエルゴの抱っこ紐。数ある抱っこ紐がある中で、なぜこんなにエルゴの人気が高いのでしょうか。

エルゴ アダプト

新生児から使えるというのが特徴のエルゴの抱っこ紐ですが、「アダプト」という製品が2016年の5月に発売されています。体重3.2キロ~20キロまで、クロス装着も可能な肩ストラップに加えて腰をサポートするベルトもついています。赤ちゃんの頭と首をしっかり支える構造に加えて、日よけにもなるスリーピングフードもついています。子供の成長に合わせ順応する抱っこ紐です。

エルゴ 360

エルゴの抱っこ紐の中には360(スリーシックスティ)と呼ばれる製品があります。対面抱きはもちろんのこと、前向き抱き、腰抱き、おんぶの4通りを1つの抱っこ紐で実現しています。抱き方に合わせ角度が調節できるバケットシートがついているので、抱っこ紐でも赤ちゃんが自然にお座りをすることができる姿勢を維持できます。
 

エルゴ オリジナル

エルゴの抱っこ紐の定番となっているオリジナル。快適な使い心地に加えて、機能もとても充実しています。ウエストベルトにはパットが、肩ストラップにも入っています。赤ちゃんの体重を腰と肩に均等に分散させてくれるので、長時間の抱っこでも楽に支えられます。カラーやデザインが豊富なのがオリジナルの一番の魅力です。

エルゴ オーガニック

オリジナルタイプの抱っこ紐にプラス繊維製品の国際安全基準エコテックス規格100の認証を得ているオーガニックコットンを使用し、環境を大切にした製品となっているのがオーガニックです。機能はオリジナルと変わりません。子育てをしながら環境にも配慮した製品を使いたいという方も増えてきており、人気を集めています。

エルゴ デザイナー

オリジナルのシリーズとしてデザイナーもあります。様々なブランドとコラボした限定デザインがオシャレ度をアップさせてくれます。赤ちゃんと一緒にオシャレを楽しみたい、小物にこだわりを持っている方におススメの抱っこ紐となっています。使う頻度の高いものだからこそ、好みのものを身につければハッピーな時間を過ごすことができます。

パフォーマンスヴェントス

ヴェントスとは、ラテン語で風という意味があります。風という意味からもわかるように、3Dメッシュを採用していて軽くさらに乾きやすい素材なので暑い夏場や体温の高い赤ちゃんも快適に利用することができます。お洗濯も気軽にできるので、抱っこ紐を使う頻度の高い方や暑い日専用として使うのもおススメです。

新生児向けインファントインサート

インファントインサートは新生児から首が座る3~4ヶ月くらいの間は必ずベビーキャリアと併用する形で使用しなくてはいけません。新生児の頭部、首を支えるとても大切なものです。首が完全に座るまで、月齢が4ヶ月以上、体重が5.5キロ以上、ベビーキャリアから膝が出る、この4つのポイントをすべてクリアするまでは使用しましょう。

それぞれいつからいつまで使えるか

エルゴの抱っこ紐と一口にいっても、いろいろな種類があります。それぞれに魅力があって選ぶのも迷ってしまうくらいですが、新生児(だいたい3キロ前後)~4歳くらい(20キロ)くらいまで使用することができます。ただ、2歳以上になると抱っこ紐として使うよりもおんぶとして使った方が疲れにくいかもしれません。体重が重くなればなるほど、大きくなってくればくるほどエルゴを使っても長時間の抱っこはかなり負担がかかります。ですので、2歳程度になって抱っこするのがちょっと辛くなってきたらおんぶ紐に移行するという形で使われるのがベストです。それぞれちょっとずつ特徴が違ってきたり、タイプが違っていますが、使える月齢にあまり差はありません。

抱っこ紐の収納カバーおしゃれでおすすめなアイテム4つ

抱っこ紐収納カバーの選び方・使い方・メリット

抱っこ紐収納カバーは、腰ベルトがついているタイプの抱っこ紐に対応しているものが多い傾向にあります。抱っこ紐のメーカーによっては取り付けられないケースもあるため、購入する前にはしっかりとチェックしましょう。使い方はそれぞれのカバーによって異なりますが、カバーを使うメリットとしては、いちいちたたんでしまったりしなくても済むという点です。さっとしまうことができるタイプが多いですし、デザイン性にも優れているので一つあるととても便利です。

おすすめ抱っこ紐収納カバーをご紹介!

ルカコ

抱っこ紐を使っていない時のだらーんをおしゃれにまとめあげてくれるのがルカコです。デザイン性にすぐれていてオシャレなところが人気となっています。赤ちゃんがいるとお出かけ一つするにも荷物が多くなってしまいます。そんな時でもルカコがあれば、さっと収納、さっと取り出しができるのでおすすめです。

ファムベリー


かさばることが多い抱っこ紐をコンパクトに収納でき、なおかつスタイリッシュに見せてくれる収納カバーとあって人気があります。種類が豊富なので好きなデザインが選べること、専用ケースのない抱っこ紐でもファムベリーの収納カバーを利用することができます。価格もリーズナブルなので手に取りやすいと評判です。

ジョリージョア


リバーシブルで使える収納カバー種類も30種類以上と豊富なのが魅力です。リバーシブルの片面は柄、片面はシンプルな無地となっているのでその日の気分やシーンに合わせて使い分けることができます。パパでもママでも持ちやすいので1つあると重宝します。

Hululeフルレ


海外製の抱っこ紐を収納することができるカバーで、抱っこ紐を使っている間も外さずにつけたまま使用することができます。なので、さっと取り出せてさっと収納カバーにしまうことができるタイプでとても使い勝手がいいのが特徴です。デザイン性にも優れていてオシャレなところが人気の一つとなっています。

抱っこ紐はいつまで使えるのか、いつまで使うのが普通か

抱っこ紐はいつからいつまで必要か

抱っこ紐を使う期間というのは個々によって異なりますが、新生児からだいたい2~3歳くらいまで使用することができます。子供が歩き出すと出番も少なくはなるものの、ぐずった時や眠たくなってしまったときには使うこともありますので、1つは持っていた方が助かることも多いでしょう。

対面抱っこ・横だっこ・おんぶ・スリング種類で使用期間が違う?

1つの抱っこ紐で対面抱っこやヨコ抱っこ、おんぶ、前抱き抱っこができる多機能なタイプが多い傾向にありますが、それぞれの種類で実は使用期間が異なります。特にヨコ抱っこができるタイプの抱っこ紐は専用のシートを購入しなくてはいけないものもあります。スリングやコンパクトにたためる抱っこ紐などはセカンドとして使われるケースが多く、1つは多機能タイプの抱っこ紐を持っているご家庭が多い傾向にあります。

何キロまで使用できる?

それぞれのメーカーによって異なりますが、10キロから15キロくらいまで使用することができます。ただ、お子様の成長具合、大きさなどによって使えないこともありますし、月齢で使用期間があらかじめ目安となっていることもあります。お子様の成長に合わせ使っていくのが基本です。

新生児用のインサートはいつまで使える

新生児用のインサートは、生まれてから使用することができますが、首がすわる4ヶ月程度までの使用期間となります。お子様の成長具合によって変わるものの、首がすわると対面抱っこやタテ抱っこ、前向き抱っこやおんぶに移行するため、インサートを使うヨコ抱っこをする必要があまりなくなっていきます。インサートを使う期間というのは生まれてからほんの数ヶ月間であることがほとんどです。

私が初期に購入したナップナップは

オシャレな抱っこ紐として有名なナップナップですが、3歳頃まで使用可能です。またインサートですが首が座った4ヶ月目を過ぎて5ヶ月目まで使っていました。インサートがあったほうがフィット感があってイヤイヤしないで寝てくれたからです。(ナップナップの私の口コミはこちら

イライラ・ストレスを溜めない育児のために今できる簡単な3ポイント

不慣れな育児にイライラを募らせてしまうと、ママも赤ちゃんにとってもあまり良い環境とは言えません。

ママが育児でイライラを溜めてしまう原因はいくつかあります。

閉鎖された空間でママが孤独になっている

イライラするとどうしても赤ちゃんにそのイライラが伝わってしまいます。これでは赤ちゃんの機嫌も悪くなって悪循環です。部屋にこもりっきりのママも1日に1回は赤ちゃんを抱っこして外気に触れるようにしてください。夏など暑くて難しい時でも朝夕の涼しい時間帯にのんびり日陰に腰を降ろしているだけでも、気分は違います。外気に触れることは赤ちゃんにとっても、肌を鍛えて健康にするために必要なことです。

紫外線は気になりますが、日の光を浴びることで少し憂鬱になっていた気持ちも晴れるようになります。

思い通りにならないことでイライラしてしまう

産まれるまでは色々思い描いていたものですが、実際に生まれてみると想像以上に赤ちゃんは大変だと感じるものです。それまでは全て自分のペースで行っていたことが、そうはいかなくなります。

理想と現実のギャップにイライラするのは、元々完ぺき主義な真面目な人に多いです。

「予定通りにいかなくて当然」だと割り切ることもときには必要です。赤ちゃんのペースに合わせて、泣いてご機嫌が悪いなら一緒にゴロゴロして過ごす、ご機嫌よく寝ているのならその間にぱぱっと家事を済ませる、もし全く余裕がないのなら家事は頼れる誰かに任せたり、家事代行サービスを利用するという選択肢も用意しておきましょう。

ご主人が育児に対して積極的ではない、理解がない

中には「1日ゴロゴロできていいな」という心無いことを言うご主人もいます。そこまでではなくても育児は母親のものだと思っていて協力的ではないご主人は少なくはありません。

これはママが言わないことには伝わらないことが多いです。モヤモヤ、イライラとした気持ちを抱えたままいてもムダですので、早い段階で協力してもらうことは大切です。

産後に夫とぶつかる理由と解決方法は話し合いにあった

産後、回復しきらない体で慣れない育児が辛いとき、手際の悪い夫にどうしてもイライラしてしまう…これはきっと誰もが通る道かもしれません。

SNSではよく、妻は上司であり夫は新人のようなものなので上手く指示出しを!などのアドバイスも見受けられますが、私が当時思ったのは「初めての子育て」という点でスタートラインは同じなのに何故私が上司にならなきゃいけないの!でした。産後のガルガル期もあって、夫にたくさんイライラしたのを覚えています。

そんな中でやはり一番大切だと感じたのは『冷静に話し合うこと』だったりします。イライラするから話したくなかったり、つい声を荒げがちなのですが余裕はないのは相手も同じ。しかもこちらをさらにイライラさせないようにと気を遣ってくれていたりもするのです。

これは私の体験談になりますが、娘がまだ生まれて間もない頃は夫は抱っこしてあやすこともしなければオムツ替えも嫌がり、私からすると完全なる育児放棄状態でした。

また、娘を一生懸命にあやして寝かしつけてやっとリビングに戻るとただ何もせずに横になっているだけの時も。え?育児も家事もしないわけ?と当時は怒り心頭でした。

でもそれには、夫なりにちゃんと理由があったことが後々の話し合いで分かるのです。

まず抱っこやオムツ替えをしたがらない理由は「こわい」でした。拍子抜けするような理由だったのですが、子どもに接し慣れていない夫にとって、あの新生児の小ささ・細さ・脆さ。そして首のすわっていない状態。そんな我が子に自分が触れてしまったら殺してしまうかもしれないという恐怖でいっぱいだったそうです。

そして「何もしない」理由に関しては、家事だけでもやろうとやり出したら、その物音で娘が泣き出し、寝かしつけ中の私に叱られたことがあったから。

その時に夫の中で、寝かしつけ=音が出るから家事はしてはいけないとなったようです。

なんて融通が利かないんだ…と内心思ってしまったのですが、話してみないと分からないことが多いのが子育てです。二人三脚で子どもを育てていくためにも、ぶつかった時は「冷静に」話し合ってみてください。

産後クライシスに、辛い時程笑顔で楽しく乗り切ろう!

今思えば、私自信、産後クライシスというものだったと思います。

このような状況になるママも多いといいます。

全く育児に関わらない主人に敵意を抱き、子どもに近づく事すら嫌になったりしていませんか?
両親ですら、抱っこされると子どもを奪われたかのように気持ちが苦しくなる事はありませんか?

周りの協力をすんなり受け入れられるようになれば心が軽く気持ちに余裕が生まれるようになりますよ。

外に出られるようになってなるべく外に出るように心掛けるのはおすすめです。

それからは兎に角何でも楽しく!というのを目標にして生活して見ると良いでしょう。

例えば、後追いが始まった頃最初は家事が出来なくて辛いと思いますがすぐにそれも思わなくなるはずです。何故かというといつでも鬼ごっこ気分というか遊びながら家事をしている感じでその日全てが終わらなくてもいいや!と思うことなんです。

離乳食始まってからは何より食べる事が楽しいと思ってもらえる事に専念しましょう。立ち歩いて遊び始めたって気にしません。育児書などにはそれは注意する事と書いてありますが私はそれを気にしませんでした。

例えばです。

もし大人の私たちが食事中怒られてばかりの食卓だったらどうでしょうか?毎日の食事が苦になりませんか?

私はそれが嫌だったので怒る事をしませんでした。今もたまに食事をせず遊びに夢中になってしまう時もありますが基本は食べきるまで座って食べます。

周りを見て育つ子どもは怒らなくともみんなが座って食事しているのを見れば自然とそうなると思います。

食べない時はスプーンにご飯を乗せジェットコースターの様に動かして口の近くに寄せると自然と口を開き食べました。嫌いな物がなくなる様に美味しそうに食べる真似をするのもオススメ。

歯磨きもいつも遊び半分でやってしまいます。座ってやる事を条件に一人で磨かせてみたりもします。

お風呂はおもちゃで溢れかえってます。お風呂も楽しい場所という印象をつけると良い結果になるでしょう。

育児が始まり何年も経った時に振りかえると楽しい事ばかりになりますよ。

産まれて3ヶ月までは24時間フルの育児になる事を心得て

新生児はとっても大変です。生まれてきてくれて、本当にかわいらしいですし喜びも一杯です。

しかし、24時間頑張らなきゃいけないという究極の育児が待っているのです。その期間は私の場合二か月間ほど続きました。

赤ちゃんに昼も夜もありません。夜泣きと言いますか、夜も普通に起きて泣いています。昼夜の区別がついて夜は御昼間よりも眠ってくれるようになるまでに、二か月以上かかりました。

新生児の授乳は本当に大変になると思います。授乳時間は一時間くらいかかることもあるし授乳の間隔も1,2時間おきになります。

そして、うんちとオムツ替えが一時間に何回もしなきゃいけない事もあります。壮絶とも言えるでしょう。

そうではない楽チンな赤ちゃん、眠り姫タイプの赤ちゃんも居るようです。あなたの赤ちゃんがどちらのタイプになるかわかりませんが、そんな赤ちゃんの育児になる可能性もありますから、覚悟が必要です。

その覚悟とは、お世話する方が参ってしまわないように、頑張り過ぎない事です。

体をよく休めて、心も落ち着くように、良い音楽やリラックスできる映像を流してヒーリング効果を高めることも大切です。

育児につかれてしまうわけにはいきません。1年、2年という長丁場ですから頑張らずにぼちぼちやっていく、という感覚がベストだと思います。

夜泣きや夜のお世話に備えて、昼間からパワーを温存しておくという生活の計画も必要になってきます。

お宮参りやお食い初めなどは、楽しいイベントです。今までの苦労も笑顔に変わることでしょう。

出産祝いで友人を家に呼ぶ事はなるべく避けたほうが良いです。もし旦那さんがそのようなイベントを考えているなら新生児に大人数のお祝いはちょっと控えてもらえたら嬉しいという事を出産前に言っておいた方がベストです。